• ホーム
  • クレーターと呼ばれるほど酷いニキビ跡は、皮膚科で治療!

クレーターと呼ばれるほど酷いニキビ跡は、皮膚科で治療!

2020年06月04日

美肌を求めるうえで、ニキビ跡は天敵です。ファンデーションやコンシーラーで隠すのも限界がありますし、特に赤くなっているだけではなくクレーター状態になったニキビ跡に関しては、しばしば用いられるトレチノインなどを使った医薬品だけですと実際に効果を感じられないことも多いです。

クレーターと呼ばれるニキビ跡は、月面にあるようなものをイメージするとわかりやすいかもしれませんが、言葉通りにニキビができたところの肌がへこんでしまっている状態です。深い部分まで炎症が到達してしまいますと、こういった跡になってしまいますので、本来であればそこまで行く前に適切なニキビ治療を皮膚科で受けることが必要です。

しかし、できてしまったクレーター状態のニキビ跡も、治療で解決できますのであきらめないでください。通常の凹凸のないようなニキビ跡であればトレチノインなどを使ったターンオーバーを促進する治療でも対応できますが、こういったへこんでしまっている状態の場合にはレーザーが効果的です。

レーザーは美容皮膚科や美容外科クリニックで受けることができる治療方法ですが、医療行為ですのでエステサロンなどでのニキビケアコースでは対応できません。それぞれのクリニックで使われているマシンの種類も違いますし、いくつかのクリニックを受診して最適な方法を見つける事から始めると良いでしょう。

クリニックでのカウンセリングは、ほとんどのところが無料でできますが、中には診察だけでも費用が生じることもあります。その場合基本的には保険は適用外となりますので事前に確認しておくと安心です。もちろんレーザー治療も保険が適用外の項目となるため、クリニックによって設定されている料金も異なりますのでサイトで確認したり、カウンセリング時に説明を受けて納得してから治療を始めることがとても大事です。

レーザーやフラッシュを照射する事で、肌は刺激されますので新しい皮膚に生まれ変わります。クレーター状態になっていると、個人差もありますが1回だけでは終了しないこともありますし、使われているマシンによっても回数は異なってきます。肌質やクレーターの状態によっても回数や使われるマシンは違いますので、経験が多い実績のあるクリニックを選ぶと安心です。口コミや評判なども参考にしてクリニック選びをするのがオススメです。効果も非常に高いですので、諦めずに治療を受けてみると良いでしょう。