• ホーム
  • シミにはトレチノイン配合のレチンAクリームが効果抜群

シミにはトレチノイン配合のレチンAクリームが効果抜群

2020年05月03日
微笑む女性

シミの原因は主に紫外線によるメラニン色素が増える事、またターンオーバーのサイクルが遅れる事です。その根本的なところに作用するのがトレチノインで、一般的に市販されている美白化粧品に含まれているアルブチンやビタミンC誘導体、ハトムギエキスではメラニン色素の生成を抑制することはできますが、できてしまっているお肌に現れたシミを改善するにはトレチノインが有効です。

トレチノインにはターンオーバー促進効果がありますので、20代の時には25日ほどの周期で行われていた肌の新陳代謝でもあるターンオーバーが年齢とともに遅れて、50代や60代になると2カ月ぐらいかかってしまいますので、それを強制的に行えます。

皮膚の角質が蓄積されるのと同時にメラニン色素も蓄積されるので、排出されなければシミになります。トレチノインを使えばターンオーバーが促進されるので、常に新しい皮膚になりますしメラニン色素も排出されることになるのでメリットは大きいです。

この薬は市販はされておらず、美容皮膚科などの医療機関で処方してもらうか、個人輸入の代行サイトを利用して購入することになります。これと同じ成分が配合されているのがレチンAクリームです。トレチノインが0.05パーセント配合されているものと0.25パーセント配合されている2種類がありますので、初めてレチンAクリームを使う場合には濃度の低い0.25パーセントの方から使うと良いでしょう。

様子を見ながら使っていき、濃度の高い0.05パーセントの方も使っていくとさらに効果は大きいです。シミの原因となるメラニン色素も排出されていきますが、その行程でターンオーバーを促進されるということで、皮むけなどの症状が出ます。

初めて使った方は、この皮がむけるということでびっくりしてしまうかもしれませんが、これは正常な症状で薬が効いているという証拠ですので、赤身やかゆみなどが強く出ていないようであれば使い続けても問題はありません。

レチンAクリームは通販でも購入できますし、コラーゲン生成も促進されますので弾力のあるハリのある肌になっていきます。コラーゲンの生成量も30代後半から激減していきますので、アンチエイジングとしても最適なクリームですし、継続して使えば老化現象にもしっかり対応できます。

美白化粧品を使うだけですと、メラニン色素の生成を抑制することしかできませんが、ターンオーバーの乱れも非常に影響しますので、レチンAクリームはオススメです。