• ホーム
  • シミや肝斑を改善できる!トレチノインとハイドロキノンの効果

シミや肝斑を改善できる!トレチノインとハイドロキノンの効果

2020年05月01日
鏡を見ている女性

シミにもいろいろな種類がありますが、主にできる原因は紫外線による肌ダメージです。特に乾燥している肌は外部からの刺激に弱い状態になっていますので、紫外線などの有害なものからダメージを受けやすくなっています。

紫外線を浴びると肌の防御作用でメラノサイトにメラニン色素が分泌されます。これがシミの原因ですが、年齢とともにターンオーバーという肌の新陳代謝のサイクルに乱れが生じてきますので、メラニン色素が排出されずに蓄積されてきます。そうなるとシミとなって現れるのですが、根本的な対策にはトレチノインとハイドロキノンを併用する方法が効果的です。

初めてその薬の名前を聞いたという方も多いかもしれませんが、ドラッグストアなどでは売られていないものですので、購入に関しては美容皮膚科などのクリニックや個人輸入でという形になります。ハイドロキノンには強力な漂白作用がありますので、お肌に現れたシミを薄くすることができます。皆さんが使っている美白化粧品の中には、アルブチンやビタミンC誘導体、ハトムギエキスなどの美白成分が配合されていると思いますが、この成分では予防しかできません。そのため根本的にシミを改善をするのであればハイドロキノンで漂白をするのが大事です。

ハイドロキノンの漂白作用だけでも効果はありますが、さらにその効果をアップさせる方法があります。それはトレチノインを併用する事です。トレチノインにはターンオーバーを促進する効果がありますので、皮膚の古い角質をはがして新しいみずみずしい各層にすることができますし、皮膚もやわらかくなるのでハイドロキノンの作用も高くなります。

トレチノインにはさらにコラーゲン生成促進作用もあるので、30代後半以降のコラーゲンが減少してしまう肌にもメリットがあります。コラーゲンが減少する事で肌の保水力は低下しますし、それによって弾力も失われて外部からの刺激にも弱くなります。そのため紫外線からのダメージも受けやすく、シミの原因のメラニン色素も増えてしまうという悪循環が起こります。トレチノインを使いコラーゲンを増やし、紫外線からの肌へのダメージを減らすこと、そしてターンオーバー促進でハイドロキノンの成分も浸透しやすい状態にすることができますので、併用するメリットは大きいです。

どちらの薬も市販はされておらず、美容皮膚科で処方してもらうか個人輸入による通販で手に入れることができます。